現在「山梨市」をメインに探索中!

【カフェナチュラリズム パンの日】山梨県産へのこだわりと天然酵母のパン屋さん!月2回しかない営業風景を詳しくご紹介!

カフェナチュラリズムのパン5種

営業日は新月と満月の月2回のみ。

河口湖周辺でパン屋を15年以上経営していた店主の奥様が、結婚と同時にお引っ越しして始められたちょっと珍しいパン屋さんです。

眼下に桂川を眺められる立地にお店を構え、山梨県産の小麦かいほのか100%、都留産の野菜や米粉を使用し、山梨県産にとことんこだわったパンが食べられます。

店主の知り合いであるコーヒー屋さんや無農薬野菜の販売、音楽ライブイベントなどパン以外の魅力も盛りだくさんのお店です。

カフェナチュラリズム パンの日の雰囲気

昼間のカフェナチュラリズムは、夜とは全くの別世界が広がります。

冬は草木が枯れていて魅力が半減していますが、夏は新緑に覆われまるで森の中にいるような感覚に。

日中のカフェナチュラリズムの雰囲気

テラス席では桂川のせせらぎを聞きながら食事でき、ペットも連れてこられます。

テラス席の様子

店内のテーブル席で約20種類のパンを陳列。

平均価格180~220円ほどです。

狭い店内ですが自由に入店して、順番待ちもなくパンを選べます。

パンの陳列コーナー

11:30~販売を開始し、だいたい午前中で売り切れてしまうとのこと。

またパン以外にも普段カフェで提供されているスープやデザート・コーヒーなども注文できます。

たかや

予約もできるから心配なら電話するのがおすすめだよ。

くるみと山ぶどうのライ麦パンを食レポ!

卸し先のD&Dデパートメントで購入して260円。

ライ麦の香ばしい香りをベースに、くるみの食感と風味、山ぶどうの甘みが見事に合わさったパンです。

くるみと山ぶどうのライ麦パン

冷めた状態だと生地が固くおいしさが半減。

外側がパリッとするぐらいトースター温めると、生地が柔らかくなりライ麦の香りがより引き立っておいしいです!

外サクッ!中フワッ!の食感とくるみの香りがたまりません!

クルミと山ぶどうのライ麦パンの断面

店主いわく、スライスしてクリームチーズと合わせてもおいしいとのこと。

ワインのお供にもぴったりです!

アンチョビオリーブのフーガス

D&Dデパートメントで購入して260円。

グリーンオリーブをこれでもかというほど使用したパンです。

アンチョビオリーブのフーガス

グリーンオリーブが大量に入っているため、オリーブのかなり強い香りと味がします。

パンというよりはオリーブを食べている感じに近いです。

オリーブのアップ

このパンもトースター温めることで生地がやわらかくなり、小麦の香りも引き立ちます。

温めてから食べるのがおすすめです。

たかや

好みが分かれる味だからオリーブが好きな人はぜひ!

まとめ

テラス席ではカフェメニューの食事がおすすめ!

焼き立て以外のパンは、持ち帰ってオーブントースターで温めるとさらにおいしく頂けます。

開店と同時に行けばパン選びに困りません。

とても気さくなご夫婦が営むお店へ、ぜひ足を運んでみてください♪

タップでジャンプ

アクセスと営業時間はこちら

▼カフェナチュラリズムの記事はこちら

【カフェナチュラリズム】こだわり食材を揃えた隠れ家カフェバー!山梨県産にこだわったパンも見逃せない!

フォトギャラリー

※タップで拡大。詳細が見られます。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
メールアドレスをご入力いただけるとサイトを介さず直接ご連絡いただけます。
コメントは承認制です。その旨をお伝えいただければ非公開も可能です。